家づくりコラム

【江戸川区】住みやすさは?地域の特徴と人気のエリアを解説!

>施工事例:ロフト付デザイン住宅(江戸川区平井)

>施工事例:ロフト付デザイン住宅(江戸川区平井)

「東京23区内で一戸建てを建てたいと思っているけど、どこに建てようか迷っている」

注文住宅の建築を予定して、土地探しを始めている人の中に、こういった声があります。
東京23区はエリアによって様々な特徴があり、土地の値段も様々です。

その中で、おすすめできるエリアのひとつが「江戸川区」です。

本記事では「住む」ことを目的にエリアを絞ったとき、江戸川区に住むべき特徴を解説します。

さらに、江戸川区の中でも人気のエリアを紹介。
具体的に住むのに適した場所を解説します。

東京都内で、利便性の高い場所に一戸建てを建てられるよう、江戸川区について勉強していきましょう。

江戸川区は【便利<住みやすい】街

江戸川区_小岩の街並み

江戸川区は、都心部のように大型の商店が林立しているワケでも、最先端のエンタメ施設が充実しているワケでもありません。

一方で、江戸川区全体は成熟した街で、駅前を除けば閑静な住宅街が広がる、住むのに適した街です。

そんな江戸川区の特徴を、6つの視点で詳しく見てみましょう。

「場所」東京都と千葉県の境目

江戸川区が位置するのは、東京都の東側。
千葉県との境目に当たる地域です。

北は中川、西は新中川と旧江戸川、東は荒川、そして南は東京湾と、四方向を川・海に囲まれた中洲のような土地が江戸川区です。

「東京だけではなく千葉方面へもアクセスできる」ので、仕事や学校の選択肢が広がる点はメリットといえるでしょう。

「土地」23区内で最安?比較的求めやすい価格

江戸川区の土地価格は「23区内の中では比較的安価な地区」とされます。

土地情報サイトSUUMOで相場を確認すると、江戸川区全体の土地価格相場は145.4万円で、周辺の墨田区や江東区より安く、葛飾区と同等の相場になっています。

都心では土地の値段から注文住宅の建築を諦める人も、江戸川区なら建築できる可能性があるといえるでしょう。

実際、江戸川区はベッドタウンとしての機能を果たしており、多くの一戸建てやタワーマンションが建設され、若者世代が入りやすい環境が整っています。

「交通」5路線の乗り入れと環七

都心からは離れていますが「交通の便に優れたエリア」ではあります。

JRや地下鉄なども、総武線・京葉線・東京メトロ東西線・都営新宿線・京成本線と、5つの路線が乗り入れていて、たとえば大手町駅~葛西駅間なら20分弱で到着できるアクセスのよさを持っています。

また、南北方向に環状7号線や中央環状線が通っており、自家用車でのお出かけも問題なく行えるでしょう。

「自然」大型の公園と臨海地区

江戸川区は「自然豊かな環境を有する」といわれます。

その源泉は、先述した川や海に囲まれていること、区が積極的に水辺を中心に公園を整備していることです。

実際に、葛西臨海公園・大島小松川公園・篠崎公園といった大型の公園が整備され、川・海に面していない地域でも中・小型の公園がたくさん整備されています。

東京都建設局が発表している「公園調書」によると、江戸川区の公園の面積は23区内で第6位。さらに1人当たりの面積に直すと、なんと1位を誇ります。

公園の多さは、単身世帯から子育て世帯、高齢者に至るまで嬉しい点です。

>東京都建設局 公園調書令和3年版 より

「子育て」支援は厚く待機児童は"ゼロ"に

江戸川区は「子育てに対する支援が手厚い」ことでも知られています。

たとえば、3歳児未満の子どもか、多胎の妊婦がいる家庭をサポートする「えどがわママパパ応援隊」は、1時間あたり500円で、食事の支度・室内清掃・育児補助・通院同行といったサービスを提供しています。

さらに、0歳児で保育サービスを利用していない家庭については、1歳になるまでの期間、14時間を限度に無料で利用できるので、ぜひ利用したいところ。

また、0歳児を対象に「乳幼児手当」が支給され、月額13,000円を受給できる制度もあります。
オムツなど、出費がかさむ0歳児を育てる家庭にとって嬉しい制度です。

働くパパ・ママは、待機児童の話題も気になるでしょう。

江戸川区は令和4年度、0~3歳全ての年齢で待機児童数ゼロを達成しています。

平成30年度440人の待機児童をピークに、保育施設の整備などで待機児童数の減少に成功し、令和1年170人、令和2年203人、令和3年49人、そして令和4年に待機児童数0を達成しました。

支援・待機児童の両面から、子育て世帯に優しい自治体といえるでしょう。

>江戸川区 家事・育児支援事業「えどがわママパパ応援隊」

>江戸川区 乳児養育手当(ゼロ歳児)

「安全」23区中17位!犯罪発生率が低い

江戸川区の特徴の1つは「犯罪発生率の低さ」です。

令和3年の江戸川区の人口は691,458人。犯罪件数は3,369件です。
人口あたりの犯罪発生率は0.49%と、東京23区中17位に位置しており、犯罪に遭遇する確率は比較的低いといえるでしょう。

ただし、小岩や葛西など、繁華街がある地域で犯罪が集中する傾向があるため、繁華街を避けて住宅街で土地を探すと、優れた住環境が手に入れられるでしょう。

>東京都 東京都の人口(推計)- 過去の推計 -

>警視庁 区市町村の町丁別、罪種別及び手口別認知件数

江戸川区で人気のあるエリアは?

江戸川区_旧中川の風景

続いて、江戸川区内で注目されているエリアを紹介します。

23区内で4位の広さを誇る江戸川区は、場所によって住環境が異なります。

あなたに合ったエリアで土地を求めましょう。

【船堀】再開発が進む、利便性に優れた街

「船堀」エリアは、駅南側の再開発が進んでいる地域で、大きな歩道があり、きれいな街並みが見られます。

新宿まで30分で到着すること、周辺にスーパーが多いことから、利便性にも優れた街です。

駅周辺にはタワーマンションも立ち並び、駅から離れると戸建て中心の閑静な住宅街に変わっていきます。子育て世帯も多いことから、移住者も馴染みやすい環境といえるでしょう。

【小岩】下町の雰囲気が残る。再開発にも期待

「小岩」エリアは、江戸川区の中でも下町要素が残っていて、フラワーロード商店街を始めとする、複数の商店街が残っている地域です。

犯罪発生率の話題でも触れましたが、小岩エリアは犯罪の発生件数が多く、気になる人は駅南の繁華街の一部を通らない場所に土地を求めるとよいでしょう。

一方で、小岩駅の周辺は、北口・南口ともに再開発の計画が進行中です。
他の再開発が行われたエリアと同様に、広い歩道やタワーマンションの建設が行われる予定で、これからの進化が期待される地域です。

【一之江】静かな暮らしを求める人へ

「一之江」エリアは、いわゆるベッドタウン的役割の地区です。

都営地下鉄新宿線一之江駅を中心に発展している地域ですが、駅周辺から娯楽施設がなく、すぐに閑静な住宅街へと移行していきます。

スーパーこそあるものの、エンターテイメントを求める人には向かない地域です。

一方で、静かな地区で安心して暮らしたい人には、うってつけのエリアといえるでしょう。

【葛西】交通・買い物便利。治安に注意。

「葛西」エリアは、地下鉄東西線と環状7号線が交差する場所で、電車・バスなど利便性が非常に高い地域です。

スーパーや飲食店も多く、普段の買い物にも困りません。
駅から離れた場所にあるショッピングモール「アリオ葛西」へも、駅からバスで10分程度で到着するので、ちょっとこだわった買い物も問題ありません。

気になるのは治安です。
葛西駅周辺は、小岩と同様に犯罪件数が高止まりしており、女性・子どもにとって不安要素になっています。

土地を購入する際には、周辺道路の夜間の明るさや、駅から自宅までの経路を確認してから購入するようにしましょう。

【瑞江】戸建てメイン・公園多し

「瑞江」エリアは、地下鉄新宿線瑞江駅の北側に広がる地域です。

一之江と同様に、駅を出て2~3通りを過ぎると住宅街にたどり着きます。

タワーマンションなどの高い建物は少なく、一戸建てがメインの住宅街です。

みずえ中央公園や春江の森公園などの中規模の公園がエリア内に。徒歩圏内に篠崎公園があり、週末の散歩にも困らないでしょう。

【平井】商店街と昔ながらの街並み

「平井」エリアは、小松川地区と同様に、荒川の西に位置する地域です。
平井親和会商店街など、昔ながらの街並みと商店街が残ります。

東は荒川、西は旧中川に囲まれているので、河川敷に沿った公園も多く、住みやすい地域といえるでしょう。

JR北口ではタワーマンションも建設中で、再開発による街の活性化も期待できます。
東京駅まで20分程度で到着できる、都心へのアクセスのよさも注目ポイントです。

【篠崎】公園が多く、住みやすい

「篠崎」エリアは、瑞江と隣接していることもあり、特徴が似た地域です。

地下鉄東西線が通っているので、40分ほどはかかりますが、乗り換えなしでたどり着けます。

駅周辺は大きめのマンションがあるものの、少し歩くと戸建てメインの街並みに変わります。

西に篠崎公園、東に江戸川河川敷の公園、そしてエリア内各所に中規模の公園が適度に配置されていて、運動や子どもの遊びに困ることがありません。

まとめ│自然と都市のちょうどいい街

江戸川区_船堀駅

江戸川区の住みやすさと、おすすめのエリアについて解説しました。

都心から離れてはいますが、それでも場所によっては20分で到達できるアクセスのよさ。
さらに、戸建住宅が多く、公園が十分に整備されていることから、空が広く開放的な環境で暮らせるのは魅力的です。

都市にも、自然にも、どちらにも触れる生活を目指している人におすすめできる街といえるでしょう。

墨田区、葛飾区、台東区、荒川区、江東区、足立区、江戸川区で、安くて良い家を建てるなら、アイホームズにご相談ください

アイホームズは東京城東地区で地域密着型の家づくりをしています。

家は、地震や火災など、いざという時に、家族の身を守る安心できる場所でなければなりません。

アイホームズ「ひのき」シリーズは、頑強の基礎と地震による液状化にも対応した「免震工法」による皆様にご納得いただける「安全・安心の家」。構造材に「国産ひのき」を使用した、高気密・高断熱で耐震性や耐火性にも優れた「安くて良い家」です。

長期優良住宅、ゼッチ(ZEH)対応、4階建てまで可能な30年間地盤保証3億円付き木造注文住宅「ひのき」は、東京で建てる地震に強い「最強」の注文住宅です。

東京城東地区の防火・準防火地域で「安くて良い家を建てたい」というあなたの悩みを解決します。お気軽にアイホームズにご相談ください。

『木造注文住宅』アイホームズ「ひのき」

免震・制震・液状化対策工法で建てる、準防火・防火地域で4階建てまでの木造住宅「ひのき」シリーズのご案内

『重量鉄骨住宅』アイホームズ「たくみ」

重量鉄骨で建てる防火地域5階建てまでの共同住宅「たくみ」は免震・液状化対策工法で3億円地盤保証付きです

『耐震リフォーム』アイホームズ「まるで新築さん」

一戸建ての耐震リフォーム「まるで新築さん」は、耐震・断熱・リノベーションに対応しています

マンションリフォーム「まるで新築さん」

マンションリフォーム「まるで新築さん」は、リノベーションで新たな価値を提供します

アイホームズは、墨田区を中心に、木造注文住宅、重量鉄骨の共同住宅、一戸建てやマンションのリフォーム・リノベーションで、あなたの家づくりをサポートいたします。

株式会社 アイホームズ
〒131-0041 東京都墨田区八広5丁目25番4号
TEL:0120-647-147
FAX:03-3613-6149
営業時間:9時00分~18時00分
定休日:なし

宅地建物取引業:東京都知事(2)第097776号
一級建築士事務所:東京都知事 第27177号
建設業許可:東京都知事許可(般-3)第70597号

コラムトップへ
お気軽にご連絡ください!
通話無料ダイヤル 0120-647-147 【受付時間】9:00〜18:00【定休⽇】なし
お問い合わせ資料請求