家づくりの特徴 高気密高断熱

高気密・高断熱 季節を通して快適な居住空間

高気密高断熱の家の特徴は、エネルギーを消費せずとも夏は涼しく冬は暖かい、エコで快適な住宅環境です。省エネで光熱費を抑えられるため、経済面でもメリットが得られます。

アイホームズでは通気工法と断熱材にこだわることにより、高気密高断熱の家を実現します。

1.通気工法

  • 基礎パッキン(木造住宅『ひのき』のみ)

    基礎パッキンとは、空気の換気確保のために、基礎と土台木部の間にはさみ込む樹脂製のパッキン材のことです。換気の確保だけではなく、コンクリートの基礎が含んだ水分を直接土台木部に触れさせないことによって、土台の劣化を防ぎます。これらの働きで土台は常に乾燥した状態を保つことができます。

  • 外壁通気工法(木造住宅『ひのき』のみ)

    外壁通気工法は、外壁内に空気を通すことによって、壁の内部に結露を起こさせない工法です。壁内に結露が起こると、木材の腐敗による建物の耐久性の低下や、カビによる室内環境の悪化につながります。アイホームズ『ひのき』では、外壁通気工法により壁の内部を効果的に通気し、耐久性を高めています。

  • 換気扇の適切な配置

    適切な場所に機械排気口(換気扇)を設置。自然給気によって24時間換気を行います。施工費や電気代を抑えつつ、夏の熱気や冬場の冷気も気にならない快適な換気設計を行っています。

2.高性能断熱材『アクアフォーム』

  • 優れた断熱性・気密性

    断熱材『アクアフォーム』は、水の力で発泡して膨らみ、柱や梁に密着。断熱性と気密性を大幅に高めます。吹き付けて発泡させるため隙間なく施工でき、住宅の構造が複雑でも高い断熱性と気密性を発揮できるのが特徴です。自己接着能力によって強力に接着するため、長期間にわたって機能を維持します。また、結露と湿気も防ぐため、耐久面や衛生面からも効果的です。

  • 効率的な換気システム

    効率的な換気を行うための空気の通り道を確保します。近年、化学物質アレルギーが頻繁に取り上げられていますが、その原因のひとつには換気不足があります。隙間から抜ける空気は換気ではなく漏気。アクアフォームは漏気の原因となる隙間を塞ぎます。これにより空気の通り道を確保して、良好な空気環境を維持できます。

  • 光熱費とCO2を抑える省エネ効果

    アクアフォームを用いた住宅はエネルギー効率が高く、家中どの部屋でも同じような室温を保てます。そのため、冷暖房等の光熱費を節約して家計に優しいのが嬉しいポイント。それだけではなく、冷暖房エネルギーを削減できるため、CO2の排出も削減。その削減効果は、ブナの木230本が1年間で吸収する量に相当するなど、地球環境にも貢献しています。

  • 高い吸音性能がもたらす 静かで快適な住まい

    アクアフォームは硬質ウレタンフォームの一種。そのため隙間なく駆体に充填でき、隙間から入る外部の騒音や内側の生活音の漏れを抑えます。その細かな気泡構造は吸音性にも優れ、拾った音をスポンジ状のフォーム内に分散。静かで快適な暮らしを実現します。

  • 人にも環境にも配慮した素材

    アクアフォームは環境に悪影響を与えるフロンガスを一切使わず、水を発泡材とする断熱材です。環境に優しいだけでなく、アレルギーなどの原因とされる有害物質ホルムアルデヒドを発生させません。また、昨今話題のシックハウス症候群の原因とされる化学物質(揮発性有機化合物:VOC)について、厚生労働省では濃度指針値を定めていますがアクアフォーム原液にはVOC規制対象物質は含まれておらず、F☆☆☆☆同等以上の性能を有します。高い安全性も魅力の1つです。

お気軽にご連絡ください!
通話無料ダイヤル 0120-647-147 【受付時間】9:00〜18:00【定休⽇】なし
お問い合わせ資料請求